タイにあるミラー財団人身売買防止プロジェクトの活動紹介ブログ


by mirrorAHT
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

衝撃の事実

昨日更新した「フエイコム小学校の子どもたちの修学旅行」の後編で「衝撃の事実」が明らかになったと書きました。


それは帰りの車内の出来事でした…。
私は二階建てバスの1Fにある円卓に座っており、手の空いている子どもたちが順に2Fから降りてきてスポンサーであるBIG-Cへお礼の一言メッセージを書くことになりました。


「Pサラパオ(私のこと)、コープクンクラップ(ありがとうございます)ってどうやって書くんですか??」

もちろん日本語でどう書くかなんて聞いているんじゃありません。タイ語です。

確かに家での会話はアカ語やラフ語でしょう。
自分たちの言葉を持っているというのは素晴らしいことです。
大切にしてほしいです。

でもコミュニティの中だけで生きていくわけにはいきません。
生きていくためにはタイ語能力は必須です。

タイ語教育を6年間受けてきて、ありがとうございますを書けないというのは…
もうあと2カ月で中学に上がるのに…

山地民の子どもが多く通う学校は、教育の質が低いという問題があります。

もちろん、子どもの生まれ持った能力は平等ですから

1、先生がちゃんと教えない
2、保護者が宿題を教えてあげるほどにタイ語ができない、教育に関心がない

などが原因でしょう。

時に田舎の先生は残酷なまでにやる気のない人がいます。
多くの先生が無関心、若しくはまともに教えないというひどい状態です。

これはもちろん地域でも議論されていますし、中学校からのクレームもあります。

でもなかなか事態は改善していません。

何度でも言いますが、本当に尊敬できる素晴らしい山の先生もいます。
でも、そういった先生のがんばりが霞んでしまうほど、そうでない先生がいるのです。

タイ語が読めない、書けない。

どれほど危険なことでしょうか?

偽の契約書にサインをさせられることがあるかもしれません。
危険なものなのか判断できず、怪我を負うことになるかもしれません。

何の職業に就くことができるでしょうか?
人身売買に巻き込まれる可能性は?


子どもたちはちょうど夏休み。

ミラー財団では、字の読み書きができない子どもに、タイ語の読み書きを教える特別クラスを設置しました。
先生はタイ全土から集まっているインターン生たちです。
カリキュラムを考え、子どもたちが関心を持つような本や教材を選びます。

楽しく勉強できるように、目標を達成したらアイスクリームやピザのプレゼントをする機会を設けました!

がんばれ!!!
[PR]
by mirrorAHT | 2010-03-09 13:11 | 山の暮らし
フエイコム小学校の子どもたちの遠足。
3日目はパタヤ近郊の観光です。

賢いゾウのショーにびっくり!
e0187112_12582535.jpg


シーラチャのタイガーズーでは、豚のBBQくんが活躍。
家で買っている豚は、黒豚なのでちがいますね。
e0187112_1302297.jpg


個人的には動物の芸はなんとなく痛々しいというか、辛い気持ちになるのであまり好きではありません。

夕方やっと海で泳げた子どもたち。
よかったね!

夕ご飯は、浜辺でシーフードのBBQ!
e0187112_1321834.jpg


実はこれまでの2日間。子どもたちが食べていたのは毎食「豚串ともち米」

海に来ているのに、これはないでしょう!!!

先生たちは子どもに1日100B(約300円)渡して、自分で自分の食べ物を買うように指示を出していたのですが、バンコクにしてもパタヤにしても立ち寄るところは観光地。
1食約30B(100円)でどうにかなる場所ではありません。
そんなわけで超節約フードを毎食食べていたわけです。

この日は見かねたミラーのスタッフが、過去にミラーで活動をしたことのあるタイ人ボランティアに声をかけて、新鮮なシーフードと子どもたちへのお土産を寄付してもらうことができました。
e0187112_1361956.jpg

そんなイカも、先生の酒の肴になっていたのですが…

最終日、朝5時に宿を出発しチェンライに戻ります。
何しろ15時間かかりますので大変です。
アユタヤでいくつかの寺院を見学した気がしますが、脳味噌が沸騰するような暑さで記憶がありません。

チェンライまでの道のり。
私は数人の男の子たちと一緒に座っていたのですが、そこで衝撃の事実が…

チェンライには8日午前2時に到着しました。
みんなお疲れ様~~
[PR]
by mirrorAHT | 2010-03-08 12:54 | 日々の活動
3月4日から6日まで、ミラー財団に最も近い「フエイコム小学校」6年生の修学旅行に同行しました。
4日、木曜日の夕方に小学校集合。
学校にはすでに二階建てバスが待機していました。
夜行で一気にバンコクまで向かいます。

車内…。
先生たちここぞとばかりに酒を飲みまくる。
いやいや、先生、子どもたちの旅行ですからね。とちょっと突っ込んでみるものの特に反応なし。

朝、9時半開館の科学博物館に7時に到着。
とりあえず記念撮影。
e0187112_12365054.jpg


科学博物館は、山地民の暮らしや織物なども展示されていました。
科学博物館だけあって、ボタンを押したり自転車をこいだりする「体験」ができるものもあって子どもたちも喜んでいました。
ただ、他にも全土から修学旅行生が来ているので「ゆっくり見る」とか「観察」どころの話ではありません。

次はドリームワールド(遊園地)!
私は、以前実家の近くにあった「ドリームランド」を思い出してちょっと切ない気持ちになりました(あまりに似ているのです)が、子どもたちは人生初めての遊園地!
でも乗り物がたくさんありすぎてどれに乗ったらいいのかわからなくなってしまっている子もいました。
e0187112_1241244.jpg


今回の企画は、学校で子どもたちがコツコツと積み立てたお金と、BIG-C(スーパーマーケット)チョンブリー店の支援によって実現したものです。
そんなわけでスポンサーであるBIG-Cを訪問!
e0187112_12454464.jpg

店員さんの1人が私に「この子たち、タイ語話せるんですね~」と感心して話しました。

そりゃ、学校行っているし町に近いんだから発音ちょっと間違ってはいても話せます!
失礼な人!!!

なーんて、鼻息を荒くしていたものの、衝撃の事実が後日明らかになるのです…。


あちこち寄り道したので、パタヤに着いた時にはもう真っ暗…

でも初めての海。
泳ぎます。
e0187112_12493612.jpg


せっかく海に来たのに、こんな夜の海なんて…

後編につづく・・・
[PR]
by mirrorAHT | 2010-03-08 12:28 | 日々の活動